FC2ブログ

無言のトリートメント

もうすぐ、友人の命日です。
一昨年前、彼女は2年間の闘病生活のすえ、40歳の若さでこの世を去りました。彼女は誠実な仕事のできる有能な看護師でした。
下血で緊急入院し検査の結果「癌」が見つかりました。入院する半年前から調子が悪かったのですが精密検査をすることなく、多忙な日を送っていました。
外科手術・化学療法を受け、一時は仕事に復帰しようかという程に回復した時期もありましたが、イレウス(腸閉塞)を起こし再入院したのを最後に、二度と帰らぬ人となったのです。

私は、お見舞いにいくたびに自分を責めました。
なぜ、もっと早く胃カメラ検査を受けるように勧めなかったのか?仕事の負担を少しでも軽くしてあげることができたなら「癌」にならなかったかもしれない・・・。会うたびに心が痛みました。
しかし、確実に病状は悪化していったのです。麻薬で痛みのコントロールをしていたのですが、彼女の表情からは(苦痛)の二文字が容易に想像できました。私は言葉を失いました。私にとって辛い面会となっていったのです。

ある日、私はラベンダーをベースにブレンドしたオイルで、むくんだ両足をマッサージさせてもらいました。

夜の病室で、二人だけの言葉のない静かなトリートメントが始まったのです・・・。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ