FC2ブログ

リンパマッサージ

先日、大阪で開催された在宅緩和ケア「リンパマッサージ」のことを少しお話します。

そもそも浮腫とは?定義から「皮下組織に細胞外液が過剰に貯留した状態」少し難しい表現ですが、細胞と細胞の隙間に組織間液が異常に増加している状態で、目で見て腫れて状態のことです。
日常私たちが経験するむくみも同じことです。しかし浮腫みの種類や原因は様々です。病気が原因で起こるむくみは「リンパ浮腫」という病名になります。

「むくみ」はサロンにいらっしゃるお客様のお悩みではとても多く一年中を通してあります。病気療養中の方だけでなく立ち仕事の方や、冷え性の訴えのある方には多く見受けられます。アロマトリートメントの手技はリンパや血管の走行を意識して行われます。リンパも表在(皮膚の表面ある)している場所に向かって方向性を理解した動きが要求されます。圧も強くすれば流れるわけではありません。効率よくリンパを流すのには圧・方向性がポイントになりますが、それといかにリラックスしていただくかも関係します。リラックスするほどリンパの流れは良好になります。

今回のリンパマッサージでは圧と方向性(リンパの走行)に対しての話はありましたが、リラックスというワードは一度もでませんでしたが・・・。

しかし、同じリンパというワードの接点があるリンパマッサージの講義を受けて、私たちのセラピーとしてのアロマの手技に間違いがないということの裏付けを取ることができました。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ