FC2ブログ

緩和ケア研究会

がん患者さんは、がん自体の症状のほかに、痛み、倦怠感などのさまざまな身体的な症状や、落ち込み、悲しみなどの精神的な苦痛を経験します。「緩和ケア」は、がん治療の初期段階から行う、身体的・精神的な苦痛を和らげるための医療です。



003_convert_20120213235528.jpg
新潟市民病院と県立ガンセンターが中心になり医師、看護師などの医療従事者や在宅診療に携わる関係者などで緩和ケアを考える研究会が定期的に開催されています。雪の降る天候の日でしたが市民病院の緩和ケアチームの医師からアロマテラピーについての講演のご依頼を受け「緩和ケアとアロマテラピー」についての話をさせていただきました。

代替医療の一つとして、アロマテラピーという言葉は知っていても実際を理解されている方は少ないという印象を受けました。しかし、みなさんとても熱心に聴講されていました。アロマセラピストの友人(看護師・歯科衛生士)に一緒に勉強しようと誘ったところ喜んで一緒に学ぶと言ってくれ三人で参加してきました。当日は参加された方々にアロマテラピーを身近に感じて頂きたかったのでできる限りトリートメントのタッチングの心地よさを体感していただこうと会が始まる前にハンドトリートメントをさせていただきました。


              008_convert_20120214002915.jpg
そして、ケアの実際を説明するところではケア場面の再現をしました。ベッドの代わりにストレッチャーを準備していただきモデルに手を挙げてくれたのは消化器外科のドクターでした。「俺、肩から手にかけて痛いんだ・・・」とお悩みを話してくださいました。さっそく横になっていただき施術開始・・・友人のS子さんが丁寧に優しく施術。みんなの注目の中で頑張ってくれました。しばらく部屋の後ろで先生の施術をしている間に緩和ケアにおけるアロマテラピーの可能性についての話を続けます。
私の話が終了すると同時に背部の施術も終了しました。モデルになった外科医に感想を一言「俺の最後にはこうゆうことをしてほしいね」と・・・。とてもうれしい言葉でした。

私たちアロマセラピストが患者様のつらい症状の緩和に貢献できる可能性はとても高いと思っています。それは私が今まで経験させていただいた実績の裏付けがあります。多くの癌の患者様のアロマケアに携わることができたからです。これからも今までと同じように命あることへの感謝と、癌と闘い亡くなられた方々への敬意を忘れずに精進してゆきたいと思います。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

心から尊敬します

こんばんは、kasumiさん。
益々のご活躍、いつも拝見しています。
本当にkasumiさんがアロマを医療の現場に浸透させようとお勉強を重ね、そして発表の場で披露していらっしゃる様子、とても頭が下がると同時に、代替医療との両立をニュートラルな目線で冷静に捉えて実践されている姿、何より尊敬いたします。セラピストナースと言う立場の役割は、今後ますます重要ですね。
これからもどうぞその啓発活動に想いをフォーカスされて
行かれることを心より応援します。

ルリ子さん こんばんは。
お元気そうで何よりです。
私もルリ子さんの毎日のご活躍を安心して見させていただいています。
3月で開業5年目に入ります。いつも自問自答しながらインナーボイスに耳を傾けているつもりです。
焦っても仕方がないのですが少しでも形になることを願っています。
ルリ子さんのエールに元気をもらっています。ありがとう!!
プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ