FC2ブログ

個として見つめる:その2

今日は、お休みモードで過ごしていました。

さて、二つめのお話はハンドトリートメントの順番を待っていた女性との関わりです。

その女性は避難所暮らしから近くのアパート暮らしに変わり、今日は洗濯をするために避難所の洗濯機を借りにいらしていました。両手がとても重くだるいという訴えにハンドよりの背部へのアプローチが必要と感じました。背中と腕は繋がっているからです。この女性は腕よりももっと根本的な問題は背部にあると思ったのです。そして、理由をお話して了解を得て手作り茶の間スペースにご案内し背部の筋肉やリンパの流れを良好にすることを目的にトリートメントしました。

私の感じた通り、この女性の背部も限界に近い状態でした。背部のストレスポイントは硬く背筋のところどころには硬結を認めました。施術も中盤にさしかかった時、女性は幼い子供を二人抱えてアパートに移り、現在の状態にあることを話してくれました。夫は福島に残っているそうです。慣れない生活のストレスと疲労、子育ては彼女の身体を疲労という刃物で傷つけているのに、そのことを認めることもできず自分一人で奮い立たせながら生活を送っているのです。それは彼女一人の問題ではありません。多くの方々が疲労とストレスでぎりぎりの状態なのです。短い施術でしたが、彼女は本当に喜んでくれました。「とても良い香りで楽になりました」と何度も何度もお礼を言われました。

一人一人心や身体の悩みは様々です。全てに充分な対応はここではできません。この二つのケースに関わって、たとえ短い時間でも個に意識がはらわれ、心癒され身体が楽になったら毎日の生活に笑顔が増えてくれると思いました。私たちのボランティア活動は始まったばかりです。しかし時間はいつまでも同じところに留まることはできません。ゆっくりでも動きながら被災された方々の生活は変わって行くのです。そして私たち自身も変わっていることを忘れてはいけません。意識アップを気付かせてくれる同志がいます。いつも笑顔で協力し参加してくれる仲間がいるからこそ、できるだけ一人一人を見つめる視点に立てることは可能だと思っています。特別なことではなくその行為こそ、真の人間らしい生活を送るための支えになると私は考えます。

「今、私たちにできること 癒しの香りに思いをのせて 手から手へ」はチーム・アロマNiigataからのメッセージです。
私たちの仲間、香りの癒し人たちの温かい手は、これからも時を読みながら、それぞれ何を伝えて行ってくれるのでしょうか?
とても楽しみです。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

NoTitle

いつもとても大切なことを教えていただいて、感謝するばかりです。その人自身を、その人の全てとあたたかく対峙する。いつもブログの記事を読ませていただいて、ただただ心があたたかくなります。ありがとうございます。

Tちゃんへ

私のブログを読んでいただきいろいろな感想があると思います。
物事を多面的に捉えることはとても大切なことです。
これからも私の目線で私らしく思いを伝えて行きたいと思います。
Tちゃんも来月は一緒に活動できるとよいですね。
ありがとうございます。
プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ