FC2ブログ

雨の日の活動

今日は二回目のアロマボランティアに行ってきました。
場所は前回と同じ、西総合スポーツセンターですが今日はうす曇りの活動日になりました。
今日は東京からアロマセラピストのIさんと、看護師でありアロマセラピストのNさんとの3人で行ってまいりました。

前回と同じように準備は段取りよく進み、順調に開始しました。
活動場所のエントランスには大きなテレビが設置されていてソファーもあるので避難されている方が集まられる場所です。ニュースなどをみたりお話をしたりと集う大切な場所です。そこには寄付された本や衣類、日常品や消耗品などが置かれています。私たちが準備していると前回もお会いした方々と顔を会わせます。「おはようございます」朝のご挨拶を元気に笑顔でさせていただきます。「よろしければいらしてくださいね」の声かけに前のように集まってくださると私たちも嬉しくなります。

避難されている方にはクビにかける名札が渡されているので、それでお名前を知ることができます。全ての方が名札をされていないのですが私は名前がわかるとできるだけお名前でお呼びしようと思っています。お名前をきちんとお呼びすることは普通のことなのに、ここでは意外と難しかったりします。私が一番最初に名前を憶えたのが「○○ハナ」さんです。「ハナさん」とお呼びすると心なしか照れくさそうにされています。今日はハナさんは足のマッサージをNさんから受けられていました。下肢のむくみは健康状態を判断するのにとても大切です。エコノミー症候群との関連もあるので今後ハンドマッサージだけでなくフットケアも視野に入れて考えて行こうと思っています。

moblog_f81b2ce8.jpg

東京から参加してくださったIさん。ご実家が十日町ということで新潟でのボランティア活動を希望してくださいました。本当に遠くからの参加に頭の下がる思いです。こんな早くに参加が実現するとは思っていませんでした。看護師のNさんもお二人とも笑顔のとても魅力的な女性です。おつかれさまでした。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

すごいすごい!!やったねえ!!
やっぱり人間の厚みが差に出るね。
私なんかもうほんとに足元にも及ばないどころかひざまづいちゃうよ。
自分の中の行きたくても行く決断ができない忸怩たる思いに自分で負けに行ってるもの。
毎日「人が人にできること」について考えてるけれどまだまだ答えを出すことができない、というか勇気が足りない若輩37歳くろとりでした。
さすがだ。リスペクト!!

くろとりみかさんへ

行きたくても行く決断ができないことを、恥ずかしいとか負けに行ってると思わなくてもいいですよ。
私も若輩37歳の時には同じように答えを見つけることはできませんでした。
今でも答えをだせていないことはたくさんあります。ずっと自分探しかもしれません。
今の私があるのはたくさんの人に支えられ助けいただいたからこその結果です。
いつも励ましてくれてありがとう。また遊びにきてくださいね、待っています。
プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ