FC2ブログ

チーム・アロマNiigata 始動

本日、「チーム・アロマNiigata」の活動を開始しました。
西総合スポーツセンターのロビーでアロマハンドマッサージをさせていただきました。

チーム・アロマNiigata+活動平成23・5・7+005_convert_20110507225410

「今、私たちにできること 癒しの香りに思いをのせて 手から手へ」チーム・アロマNiigataからのメッセージをみんなの気持ちを伝えに行ってきました。

チーム・アロマNiigata+活動平成23・5・7+004_convert_20110507203151 moblog_52ff1819.jpg

ブース準備開始・・・メンバーの段取りが良く順調に進み、予定開始時刻より少し早めに開始しました。担当者の方が館内放送を入れてくださると、すぐにお一人、お二人とテーブルに集まってくださいました。男性の方も興味を示されて、ちょっとお声かけをすると照れくさそうに椅子に座ってくださいました。90歳のお誕生日を迎えたばかりというご婦人もおいでいただけました。

メンバーもボランティア経験があるので上手に対応してくれました。メンバーの一人がリラックスとリフレッシュの二つの香りをブレンドして持ってきてくれたので、とても良い癒しの香りを私たちも楽しむことができました。施術が終るとみなさんが笑顔になっている!と思ったのは私だけ?しばらく私たちのそばを離れないでお話を楽しんでいかれたご婦人もいらっしゃいました。メンバーの優しい対応が居心地の良い癒しの空間を作りだしていたのでしょう。

私はkさんと一緒に避難所の中にご挨拶に行きました。一人の男性がヒザに水が溜まって歩くのが辛いと話されました。ヒザを見せていただくと右ヒザが少し腫れていました。うつぶせになっていただき下肢のオイルマッサージをリフレッシュの香りを使って開始。kさんはその男性の奥様のハンドマッサージをさせていただきました。ご夫婦二人並んでマッサージ・・・。お話も進みました。福島県南相馬市から避難されたことや、地震発生時の様子や、お仕事の話をご自分から話されました。語る言葉には辛さよりも、その事実を少しづつ受け入れはじめているような印象を受けるのは柔らかな福島弁だからでしょうか?kさんは職場でマッサージの練習を重ねていたので、とても上手に手が動いてます。終了後 ご主人がわざわざ来てくださって「歩くのがうそみたいに楽になった。さっきまでかばって歩いていたのに、そんなことしなくても歩けるよ」と伝えにきてくれました。

moblog_b61cfb7b.jpg

私たちのブースに一人の紳士が神妙な面持ちでおいでになりました。新潟大学の先生で「学生がこれからコーラスを始めるのですが、一人でも二人でも良いので集まって欲しいのですが」と困っていらっしゃいました。メンバーは早速、みなさんに声かけをして誘導してくれました。座布団を出してくれたり、正座の出来ないご老人には椅子をもってきて腰掛けさせてくれたりと、すばらしい配慮力をみせてくれました。大勢集めてくれて私たちも一緒にすばらしい女子大生20名の歌声を聴かせていただき感動しました。(学生さんや先生も笑顔になれてよかったぁ)

2時間後、活動時間も終了です。私たちの近くを離れなかったご婦人に帰ることを伝えました。ご婦人は「又来なさい」と言い残してご自分の場所に戻っていかれました。今回の初めての活動をメンバーはどのように感じてくれたのでしょうか?手から手へ思いを伝えることはできたでしょうか?
大丈夫今日のメンバーは輝いていましたよ。



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

メンバーの皆様の、素晴らしい活動内容で心が温まりました。きっと避難されている方々も、つかの間の安心感や安らぎを感じられたのではないでしょうか。

私もアロマテラピーに支えられ、本物の植物の香りの素晴らしさやパワーの強さを感じている一人です。そして人の手から施される癒やしも実感しています。そこに心がこもっているか、ただ触っているかでは、効果は全く違います。

先日、某ヨガでカウンセリングも施術後のアドバイスも何もないトリートメントを受けました。(しかも男性に!)ただ、ガシガシと擦られたような不快感を感じ、体は拒絶しオイルはなかなか入っていかなかったようです。

きっとマッサージだけでなく、何気ないコミュニケーションや、施術者から与えられる気遣いやエネルギーも含めて、セラピーなのだと痛感しました。

みんな、カスミさんから離れたくないんですよ~(^-^)私はいつも離れがたいです。触れてもらえるだけで安心するし、笑顔をみるだけで元気がもらえるから☆側にいたいですよ!

しゅうこさんへ

今回の活動に対して多くの仲間が賛同し協力してくれました。
みんなアロマテラピーを理解する心根の優しい人たちです。
何かをしたい、自分に出来ることはと考えていた気持ちがアロマボランティア
という行動になりました。

ただ、わたしはあまり被災者の方々という括りで考えないで、普通にアロマの良さを
伝える気持ちで接して欲しいと思っています。それでも気持ちは十分に理解できます。
植物の恩恵と手から手へ伝わる思い、それだけで充分です・・・あまり欲張ってはいけません。

しゅうこさん、ありがとう。又お話聴かせてくださいね。お待ちしています。
プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ