FC2ブログ

石巻市JMAT報告:3

写真の整理をしながら、石巻で大変な状況でがんばっていらして方々はどうされているか考えます。
短い時間でしたが、私たちの訪問診療を喜んで受け入れてくださったグループホームのみなさんを思い出します。

今回、同行した医師の一人が精神科医でした。先生は「心のケア」を今回のキーワードに参加されました。アロマトリートメントしたいとおっしゃっていました。もちろん私も賛同しできる限りお手伝いしたいことを伝えてありました。笑顔の優しい女医さんです。先生が担当したグループホームでの診察で下肢の浮腫みのある入所者の方が目立ちました。高齢者の方には足のむくみは多い症状一つです。

宮城県石巻市JMAT+005_convert_20110422013055

先生は一生懸命思いを込めてフットマッサージをされました。印象的だったのはそれまで元気なくベットに横になっていた方がマッサージが終ると起き出して歩いておいでになったことです。派遣の3日間、グループホームに訪問診療しました。
最終日に皆さんからすばらしいプレゼントが・・・
宮城県石巻市JMAT+078_convert_20110425221452



グループホームの看護師さんが津波で浸水した荷物から、唯一残ったハーモニカを演奏し皆さんで「ふるさと」の歌を私たちのために贈ってくださったのです。ハーモニカの音色とたどたどしくても遠くを見つめながら歌う姿は、震災で傷ついたふるさとの記憶を辿りながら、また以前のような自分たちのふるさとを取り戻そうとされているように感じました。

避難所でもアロママッサージを先生と二人で時間をみつけてさせていただきました。昼間、避難所に残っている方は高齢の方が多く、若い人たちは外出されていたり、自宅に帰って片づけをされたりと不在です。
お高齢の方はマッサージと聞くととても喜ばれます。男性の方は羨ましそうに見ていらっしゃいますがご自分からは希望されません。でも声を掛けると照れくさそうに足をだされます。震災の話を聞かせてくださいました。「何もかもなくなってしまったんだぁ」「着の身着のまま逃げてきた」と語る東北弁がとても悲しく聞こえました。

「心のケア」を待ち望んでいる方はどれほどいらっしゃることか。私たちはだれにでも癒しの技を持っています。そうです、誰にでも人を癒す力があるのです。何かをしたい・・・その気持ちがあればきっとできるのだという思いを確信しました。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ