FC2ブログ

「ETERNITY」 



長岡の県立近代美術館で開催されている「ポンペイ展」に行ってきました。

今からおよそ2000年前、日本では弥生時代お米作りを中心とした生活をしていた頃、ヨーロッパではローマ帝国が栄えていました。イタリアポンペイはイタリアの南にあり農業・漁業・様々な産業が盛んな地方都市でした。しかし、火山の大噴火によってポンペイの街は火山灰に埋まってしまったのです。そして18世紀半ばになって発掘作業が始まり沢山の品が掘り出されました

                moblog_875d712d.jpg

この像はポンペイの人々が守り神としていたウェヌス像です。愛の女神アフロディテ(ビィーナス)です。
とても綺麗な像でした。美の象徴でもあるビィーナスが放つオーラはローマ時代と変わらない美しさなのでしょうか?

moblog_1c41165a.jpg

これは何に見えますか?

モザイクで作られ表現された「イルカ」です。
細長い胴体、尾が五つに分かれていて、さまかイルカとは思えませんでした。
でも、何か愛嬌のある可愛らしい口もとがイルカっぽいですよね。

古代ローマ人は大理石や青銅で神々の力強さ、優しさ、荘厳さを表現しました。火山灰に埋もれていたとは思えないくらい良い状態で発見されました。火山灰に守られたからこそ、奇跡的に当時の街の姿が残ったのです。街全体がタイムカプセルになったのですね。

ポンペイ展のテーマは「ETERNITY」。
ポンペイは気の遠くなる時間を火山灰の中で眠っていたからこそ、奇跡の街と呼ぶにふさわしい永遠の輝きを保ち続けたのでしょう。
お時間があれば、ぜひ近代美術館を訪ねてポンペイの風を感じてみてください・・・。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ