FC2ブログ

ホリスティックアロマテラピーの臨床実践研究

群馬大学と新潟大学の共同研究講座・ホリスティックナーシングも終盤です。
すべての講義と実技が終わりましたが、臨床実践研究が残っています。

学んだ知識と技術を生かし自分の考えを融合させ根拠をもった仮説を立てる。
実際に臨床で実践して、その仮説を立証していくのです。

今回の授業はテーマを決めてその根拠に基づいた方法を考え発表しました。
受講生はそれぞれ病院に勤務する看護師です。

いままでの授業や実技でたくさんの看護師がアロマの素晴らしさを実感していました。
実技でアロママッサージを体感し、「こんなに心地よいもであるとは思っていなかった」「こんな素晴らしいことを患者さんにできるような看護がしたい」「ホリスティックナーシングの象徴であるスピリチュアルケアである」といろいろな声が聞かれました。そして期待通り今回の研究テーマに、アロマを利用する受講生が約半数近くいました。

私はきっとアロマをテーマにあげる受講生が多くいることを予想していました。
臨床でアロマセラピーを利用する看護は普及してきています。それゆえ、臨床で安全に安心してアロマテラピーを実施してほしいと考える私の気持ちは膨らみます。アロマがブームで終わらずホリスティックな部分で定着して患者さんを癒してほしいと思っています。そのためには臨床にアロマに関してのスーパーバイザーが必要なのではないか?と仮説をたてました。その仮説を検証することを研究テーマとしました。

来年2月に最終発表です。さてさてどのような研究になるのでしょうか?
きっと私とアロマセラピーが真に向かい合って、お互いに問いかけながらの研究になることでしょう。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

三位一体の領域へ

いよいよ講座もクライマックスなのですね。
kasumiさんの目的の真髄へ近づく、また一歩だと
思います。
心・身体・魂はひとりの人間を形作る。
全体を看るためには、スピリチュアル領域に
足を踏み入れるのも必然と感じます。

アロマティック・スーパーバイザーの必要性を
強く感じるkasumiさん、
軸はぶれていませんね。想いの強さが伝わります。
是非に、
仮説から実証へ、掘り下げていただきたいと
願います。

lapisさんへ

研究と言っても奥が深く、一人でするのは気持ちが
折れそうになってしまうこともあります。
そんな私を一緒に学んだ友人が支えてくれました。
ハナキクのオーナーも応援してくれています。
感謝の気持ちでいっぱいです。

臨床の現場はとても複雑です。
アロマセラピーは身体・心・スピリチュアルを癒すセラピーであることは
ラピスさんも実感されていると思います。
人を幸せにすることのできるすばらしいセラピーです。

「アロマティック・スーパーバイザー」素敵な名称ですね。
・・・なれるように自分の信念を貫いて行こうと思います。

いつも応援ありがとうございます。
プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ