FC2ブログ

看護研究とアロマ

一緒にホリスティック講座を受講している友人から相談されました。勤務する病棟で看護研究にアロマを使用したいというのです。彼女はホリスティック講座でアロマテラピーを学び、そのすばらしさに触れてぜひ臨床の場で実践したいと語りました。うれしい限りです。

しかし、私は彼女に伝えました。
「アロマテラピーには正しい知識が必要であり、精油は正しい使い方をして欲しい。セラピーには責任が伴うことであり研究成果が上がるためにも、できるなら研究に関わる看護師はアロマの勉強をしてほしい」と・・・。

彼女はすぐに主要研究者のアロマ勉強会を私に依頼してきました。
すぐに準備をして、アロマテラピーの概論と基礎的な注意点をテーマに勉強会をしました。

看護研究担当者のナースには、いままでアロマに触れる時間がなかった方もいらっしゃいました。しかし関心度はとても高く真剣まなざしで講義を受けていました。短い時間でしたがアロマの魅力を実感した様子・・・。不安感の強い患者さんや不眠で悩んでいらっしゃる方へ上手に利用したいと語っていました。

私は最後に、研究スタッフにアドバイスさせて頂きました。
「アロマテラピーは癒しの方法の一つです。患者さまに優しい香りを届けてあげてください。患者さまだけでなく看護をされる皆さんが癒されることもとても大切なことです。アロマで心と身体が癒され笑顔で患者さまと向きあうと、いつもと違う反応がみられるかもしれませんよ」

アロマの優しい香り漂う病院・・・私の理想です。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

アロマと病院

そうですね。
素敵ですよね。
私も想いをはせました。

ナースの方々が
精油の使い手になっていただけたら…。

実現が
近いことを願います。

ラピスさんへ

お互いに思いは重なりますね。
いつか夢が叶いますように・・・。

新潟でお待ちしています。
気をつけていらしてくださいね。
プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ