FC2ブログ

つぶやくように・・・

毎週一回のボランティアは仕事の合間をぬって行かせていただいています。
一年半続けてこれたのは、病院側の理解や病棟の医師や看護師さんらのご協力が
あるからです。病院によってボランティアの活動の特色は様々です。

今月、私のボランティア仲間が増えます。共感して一緒に活動してくださる事となったKさん。
心優しい女性です。彼女と共にこれからも患者さんに喜んでいただける活動を目指していきたいと
思っています。

先回の時に、患者さんから印象的な言葉が聞かれました。
手術が終り化学療法を開始されたTさん。薬の副作用や精神的ストレスもあり、
背中がとてもつらいと話されました。
私は、かけ布団を丸めて抱き枕を作り、安楽な姿勢を確保して横になって寝ていただきました。
保温に気をつけて腰と背部をトリートメントできるように準備して、オイルを塗布してマッサージ開始。

Tさんは最初から「あたたかい手ね。気持ちがいいわ」と何度もつぶやくように話されていました。
今日の香りは、スイートオレンジとフランキンセンス。さわやかで深みのあるブレンドです。
静かに時間が流れ、冷たい感覚の背中が徐々に温かくなっていきました。

そしてTさんは、またつぶやくようにおっしゃいました。
「なんか、乗り越えられそうな気がする・・・」

きっと、つらい治療に心が折れそうになっていらしたのでしょう。
Tさん、安心してください。いつも、私達は傍に寄り添っていますよ・・・。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

心に染み入るように

じんと来ました…
光景が目に浮かぶような
静かな、そしてゆるやかな
温かみ…。
患者さんやその家族にとっての
向き合う闘いにも似た中での
解き放たれた時間を、
kasumiさんが担っているのですね。

10年前、私にもkasumiさんのような
セラピストがいたらなあ・・と
ふと、思いました。

ラピスさんへ

ラピスさんは癌で逝った義母さまのことを思い出され
たのでしょうね。私も癌で大切な人を何人も見送りま
した。ボランティアの時はその方々を思い出すことも
あります。いつも傍に寄り添えることはわたしの幸せです。
ラピスさんもその思いは同じだと思います。
10年前のつらい経験・・・ラピスさんにもその使命を果す役割が
きっとあるのではないでしょうか?
プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ