FC2ブログ

点滴とトリートメント

今日の午前中、点滴を受けてきました。
昨日から、寒気がしてお腹が痛たくて食事が摂れませんでした。

内科の先生の指示で500ml.の電解質を補充する点滴を一本しました。
処置室のベットに横になり、手の甲に針を刺して点滴開始・・・少しすると痛みがあったのですが血管痛だと思い、疲れでそのまま寝てしまいました。

・・・「大山さん終わりましたよ」の声掛けで目がさめると、点滴を抜針したナースが「少し点滴がもれていましたね、痛く無かったですか?」と話しました。手の甲が張れて赤ちゃんのようなプックリおててになっていました。

家に帰って来てから、オイルをブレンドして手の甲をゆっくりトリートメント。
最初は少し痛みがあったので、ソフトにソフトに(こわごわと)撫でるだけの3分間トリートメント。
2,3時間するうちに、手の甲の痛みもなく、張れもほとんどなくなっていました。

点滴中は患者さまの状態(点滴の穿刺部位も含めて)を観察するのはナースのお仕事なのに・・・とささやいてしまいましたが、点滴もれに気づかなかった私もお恥ずかしい話なので、これ以上は何も言えませんね。

結論は、元気になったのでクリニックに感謝です^^


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ