FC2ブログ

FLAMENCO曽根崎心中

20090913152447

9月11日に長岡でFLAMENCO曽根崎心中が上演されました。
近松門左衛門が書き綴った、300年前の極限の愛の世界が新潟で上演されたのです。
私はこれを観るのは二度目、2年前に福井市で上演された時に観ているのです。

初演は2001年で国内だけでなく、本場スペインでも上演されていています。きものをアレンジしたフラメンコ衣装の美しさ、台詞はないけれど、鍛え抜かれた肉体の表現力・フラメンコのタップ音・迫力・演技力そして歌と曲のコラボレーションが創り上げたすばらしい舞台。福井で観たときよりもパワーアップしていたように感じました。そして、クライマックスでの土佐琵琶・黒田月水さんの演奏には鳥肌が立ちました。

話は、最愛の男性が騙されてつくった借金のために、心中という最終手段で命を懸けて愛を貫くという内容なのですが、お初役の鍵田真由美さんの踊りに感動しました。惚れた男性の前では女らしく母のような優しさで包み込む愛情を表現。しかし、その彼を落とし込んだ敵の前では彼を守るために鬼にもなれる女性を見事に表現していました。そういう時女って、愛する人のためにどれだけでも強くなれるんだよなぁ・・・そんなことをお初を見ながら思ていました。

最後は宇崎竜童の弾き語り、そしてプロデュースを手がけた阿木耀子さんも舞台に登場、スタンディングオーベーションでのブレリアで舞台と観客の一体感も楽しめました。チャンスがあったら3度目の舞台もみたいなぁ・・・。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「タイトル」について

「タイトル」について関連の記事。

コメントの投稿

Private :

プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ