FC2ブログ

病と共に生きる:2

今日は、aromaボランティアに行って来ました。
半年程前から時々サポートさせて頂いているEさんのところを訪れました。今回Eさんは化学療法の目的で入院したのですが、血小板数が下がっていて治療ができないかもしれない・・と話されました。今まで治療を受けてきて始めての出来事に困惑している様子で心なしか表情も硬い感じでした。

Eさんは私のアロマトリートメントをいつも楽しみにしていてくださいます。Eさんのためにラベンダーオイルでフットマッサージをしました。より優しいタッチで・・・。お話好きなEさんですが、今日はいつもより静かなトリートメントになりました。会話は少なくてもEさんの気持ちは痛いほど伝わってきます。順調に進んでいた治療がここに来て予定通りにできなくて、気落ちしてしまったのでしょう・・・。しかし、トリートメントの終盤には気持ちが落ち着いたのでしょうか、寝息をたてて休まれていらっしゃいました。そして帰リがけには、いつものEさんの笑顔を見ることができました。


病と共に生きるということは、健康な時よりもストレスのかかる生活になってしまいます。私も入院生活を経験したことがありましたが、沈みがちな精神状態の中で、一日も早く社会復帰して自由な生活ができる自分をイメージしていました。「こんな事もあるさ!」「これでいいのだ!」とストレスを受け流すことができればどんなにか楽でしょう。アロマで少しでも前向きな思いになれるそのお手伝いができること・・・それは私のアロマサポートへの思いの一つです。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ