FC2ブログ

桜茶と春

       20090322113406.jpg



一足早く春気分を味わいたくなって桜茶をいれてみました。
桜の塩漬をそっと洗ってひとつ、お茶器に入れお湯をそそぐと桜茶のできあがりです。

おめでたい席(結婚式など)では、その場だけ取り繕ってごまかすという意味の「茶を濁す」という言葉を忌み嫌うことから、桜茶がふるまわれます。今ではそれも廃れてきていますが、先人たちが考え出した意味のある何気ない心遣い・・・。忘れられていくのは残念ですね。
そういえば、銀座木村屋總本店のさくらアンパンに使われていたのを思い出しました。

・・・八重桜のピンク色は自然の色。桜の香(桜餅の香?)がほんのり、味はうすい塩あじと甘みも感じます。 温かい一杯の桜茶、五感で癒され、日本の心も伝わってきたティータイムでした。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

季節感

ステキですね。
日本の『粋』の 極みです。
伝統を大切にする心は、
私も共感します。
私自身の結婚式、(もうかれこれ20年以上前)を
思い出しました。
廃れさせたく ないですね。
…と言いながら、頭の中は
「桜餅 食べたいなあ」と思っている私ですv-266

ラピスさんへ

こんばんは、今日一日お疲れ様でした。
夜にパソコンに向かうと一日の疲れがどっと
でませんか?大丈夫ですか?
ラピスさんの体調、何となく気になります

桜の塩漬けは、ご飯に混ぜても美味しいです。
お湯でなくて、お番茶や紅茶でもいいですよ。
私も桜餅を食べたいと思いました。

プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ