FC2ブログ

アロマを仕事にするということ

私がアロマの施術を仕事にするようになって、10年の月日が過ぎました。感慨深いものがあります。でもね。そんな感傷にひたる自分は似合わないと思っています。「へぇもう10年もたったんだぁ」っていう感じ位にとらえています。。

今も夢はあります。ってことは10年経っても夢は叶っていないということです。もちろん、そう簡単に夢は叶わないと思っています。けれど、夢がなければ努力は空しいだけです。私はどんなことでも受け入れて自分の中で消化して必要な栄養は吸収します。そしていらないことは、出して忘れてしまうようにしています。10年の間そうしてきました。

10年経って、わかってきたこともあります。3月に骨折したことで見えてきたこともありました。今までの10年、そしてこれからの10年を私の仕事として、大切に育てていきます。

・・・とりとめのない文ですね。おやすみなさい。
スポンサーサイト



アスリートとアロマテラピー



お客様に筋肉や関節の不調を主訴とするケースが少なくありません.肩こり・腰痛・五十肩・もちろんケガや手術後の方と、なにがしかの筋骨系のお悩みがあります。ましてやアスリートは日々体のメンテナンスを行い、筋骨系を柔軟に整えておかなければケガをしやすくなったり、故障になる原因になります。

この度、アスリートを対象にしたアロマテラピーの理論と施術を学んできました。精油はローズマリー・レモングラス・ユーカリレモン・ジュニパー・サイプレス・ゼラニュウムなどがお勧め。私はマジュラム、ラベンダースパーもお勧め。講師の先生は軽部修子さん。東京でサロン・スクール・数々の現場でご活躍されています。また、かかわった選手の成績が上がったり、ケガの治癒が早かったりと施術の経験を話してくださいました。エネルギッシュな先生で自身もアスリート!すごい体つくりをされていると思わせるような体格です。体幹を作っていて軸がぶれない動きです。

施術は筋肉の走行・関節の構造・リンパの流れ・血流・とポイントを抑え、圧も深部の筋肉に働きかけるために強めでスピード感もありました。私が今までアロマテラピーとしてリラクセーション目的に行う施術とでは考えられないような動きもありましたが、終了後のモデルの感想はすごく軽くなったと話していました。短時間の間に効果を上げるためには、精油の効果効能と圧・スピードで攻める、まさにスポーツアロマの醍醐味を感じました。

一日ではすべてを学ぶことは、不可能です。きっと続きがあるような予感がします。
プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ