FC2ブログ

今年一年ありがとうございました。年末年始のお休みのお知らせです。

年末年始は12月30日から1月3日までお休みさせていただきます。

今年も残り少なくなり、新年へのカウントダウンが始まりました。
この一年はみなさまにとってどのような年でしたでしょうか?

私の平成22年はサロンの移転という出来事がありましたが、無事乗り越えることができました。
たくさんの方々のご利用やご声援を心より感謝いたしております。
嬉しいこと、悲しいこと、いろいろな出来事には必ず何かの意味があると思い受け入れています。

平成23年うさぎ年は、どのような年にしようかとshopハナキクの菊池店主といろいろ夢を描いています
一年間を省みて具体的な目標を立て、夢で終らせない強い決意もしています。
うさぎのように軽やかに飛躍できることをイメージして新しい年を迎えたいと思います。

ハナキク*リネットをご利用くださるお客さまのためによりいっそう精進し、もっと愛される店作りを
して行きますのでよろしくお願いいたします。

皆様もお体に気をつけて、良いお年をお迎えくださいね。
ありがとうございました。
スポンサーサイト



冬のしつらい・・・冬至



明日22日は冬至です。
冬至で思い浮かべるのが柚子湯。
スーパーにたくさんならんでいました。
袋に二つ入って198円。
一袋を手に取って・・・いい香りです。

昔の人は、柚子湯に入ると身体が温まるのを体験的に知っていました。
このような古い習慣が、現代科学の研究によって入浴の有効性が立証されています。
血液の循環を良くすることは、新陳代謝をうながして疲労回復に効果があります。
そして、ゆずの皮の芳香油が湯ざめを防ぐと証明されています。
柑橘系の香りはリラクセーション作用が高く、また呼吸機能向上に有効です。

何でも科学的に証明することに意味があるのかは別にして、
好きな香りは無条件に受け入れてしまいます。


冬のしつらい、冬至を柚子湯でゆっくり楽しみましょうか。

この一年で思うこと

新しい上古町のサロンに移りもう少しで二ヶ月が過ぎます。一階のshopハナキクの菊池さんとは一緒にアロマセラピストの勉強をした仲間です。今回の移転では菊池さんの協力がなければ実現しない話でした。何度も彼女と話し合いを重ねました。彼女は私の話を親身になって聞いてくれました。二人でいろいろな話をしていくうちに近い将来の夢もまた一つ持つことが出来たのです。

以前のサロンはアロマセラピスト資格を取りアロマの仕事する場として作りました。そして3年近くの時間を私はアロマテラピーの実践者として仕事をしてきました。いろいろな方々との関わり全てが私のセラピストとして、そして私という人間の学びの場・成長の場でした。

しかし時には心が折れそうになることも何回もありました。そんな時思い出すのは応援してくれる方々の励ましの声でした。そしてお客様から頂いたたくさんの声です。言葉の一つ一つは大切な宝物のように思っています。自分の決めた道を信じて頑張ってきて良かったと思える時が一番の幸せです。そして先を見続けていくパワーになるのです。

アロマセラピストとしての真髄の追求はまだまだ続きます。たくさんの理解者と共に、しかし甘えることなく前を見て。そして、これから何が起こるのか、どんなに辛いことでもワクワクしながら受け入れて行きますよ。「大丈夫、大丈夫心配しないで」と自分に言い聞かせながら今までのように、そしてこれからも・・・。今年一年、健康で過ごせたことに感謝して来年も精進して行こうと思っています。

強風で・・・

今日、新潟市内は荒れた天候でした。サロンでトリートメントしていると大きな雨音と風が何かを打ち付ける音で驚くことが、たびたびありました。新潟では決してめずらしいことではないのですが、異常気象という言葉を今年は何回も耳にしましたが、自然のパワーには人間は無力なんだなぁと思います。

夕方になっても強風は落ち着きません。今日はハナキクの店主菊池さんはユニゾンプラザで上映される「地球交響曲ー第七番ー」を観に行く予定でした。出掛ける準備をするのにシャッターを閉めていた時のことです。一瞬の強風にあおられてシャッターが大きく舞い上がりました。私はサロンでトリートメントをしていたのですが、大きな音と悲鳴に近い声が聞こえました。

状況の詳細はわかりませんが、シャッターが大破してしまったのです。お出掛ける前のハプニング。少し遅れて彼女は映画に行きました。トリートメントが終り彼女から報告の電話が入りました。シャッターの修理には数日かかる予定だそうです。

自然の風の悪戯・・・でも、けが人がでなくてよかったね、と二人で胸をなでおろしました。明日は穏やかになりますように

大切にされていると思う時

新潟大学のホリスティックナーシング講座の終盤戦、実践研究の中間発表がありました。それぞれの受講生は勤務と両立させながら、実践研究を頑張っていました。看護研究を実践するために、病院の倫理委員会に申請し許可を得なくてはならない友人の話を聞きました。対象者が患者さんなので病院もとても神経を使った対応を求められています。

私の研究内容は、アロマテラピーマッサージを臨床で実践するにあたり、実施者であるナースが感じる不安や疑問をサンプリングしてアロマセラピストとしてどのような援助や介入ができるかということです。アロマテラピーを実践研究に取り入れてくれる受講生たちがいるので、彼女たちの協力を得ることができました。一緒に楽しく研究を進められたらいいなぁと思っています。

午後から手技確認の研修がありました。アロマオイルマッサージの手技の確認をしている時のことでした。私にマッサージをしてくれたハルさんに私は一つだけアドバイスをさせてもらいました。

それは、相手を大切にしているという思いは手技の動作にでること。例えばエンディングで手を離すときには相手に「これで終了しますよ、お疲れ様でした」という気持ちをこめて、ホールディングしてゆっくり手を離したほうがいいのよ・・・と彼女に伝えました。

ハルさんは聡明な女性ですから、その一言で気付いたようでした。相手を大切に思っている気持を言葉ではなく、動作によって伝えることもセラピーでは大切なことです。さりげない動作ひとつでその思いは言葉より有効に伝わることもあるのです。人は自分を大切にされていると感じることで、癒しは始まると私は思っています。

授業が終り、サロンに遊びにきてもらいました。ショップのお隣「古町糀製造所」の美味しい麹ドリンクを飲みながらひと時のおしゃべり、大笑いしてストレス発散。おしゃべりをしながらも相手を大切に思う気持ちを忘れない人たちに囲まれて癒されました。

クリスマスの風



新潟市出身の漫画家水島新司さんのドカベン」のキャラクター像が飾られた古町5番町のまんがストリートは有名な場所になりました。山田太郎くんの銅像のとなりに、メインクリスマスツリーが並び綺麗なイルミネーションが輝いていました。

今年はブルーのイメージなのか、LEDのライトが幻想的な雰囲気を醸し出していました。
ジンブルベルのBGMもかかっています。なにかいい感じ・・・。まだ飾りつけは途中のような感じです。もっとデコレーションした姿で魅せてほしいものです.テンプレートもクリスマスバージョンに変えてみました。

                moblog_d61facdb.jpg

萬代橋たもと「エプロン専門学校」のスノーマンのクリスマスイルミナーション。
愛嬌のある佇まいが、とても可愛かったですよ。

             メリークリスマス

今年もあと一ヶ月・・・なにか少し温かいクリスマスの風が吹いていたような気がしました。
プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ