FC2ブログ

紫根(シコン)の恵み

リネットのサロンメニューには、お顔のケアをするメニューがあります。
フェイシャルと言われる手技です。女性だけでなく時々男性の問い合わせもあります。

フェイシャルには、粧材としてオリーブマノンの商品を使用しています。
日本オリーブ株式会社の製品は自然派指向で肌に優しく作用し、皮膚本来の持つ再生能力を高め健やかな肌としての機能を維持できるような商品つくりをめざしています。

化粧品の成分には紫根(シコン)・トウキ・カンゾウ・ゲンチアナなど植物由来の成分に加えオリーブを天然保湿成分として配合しています。「オリーブ」は社名に使用していますが本社は岡山県瀬戸内市牛窓という自然に囲まれた所に構えています。瀬戸内の陽と風をたくさんうけて、育ったオリーブを材料に製品が作られています。一度訪れてみたいなぁと思っています。

そこで今、紫根(シコン)が注目されています。
むらさきという植物の根で生薬として利用されています。抗炎症作用、創傷治癒の促進作用、殺菌作用などがあります。そのシコンがお肌の若返りアンチエイジング効果があるとバラエティ番組で取り上げられその反響は大きく一時品薄になりました。

現在、むらさきという植物は絶滅危惧種として大切に保護されているそうです。アロマテラピーは植物の恵み・恩恵を人々の幸せに繋げることを目指しています。一番哀しいことは植物の乱獲や自然破壊で精油が取れなくなってしまうこと。セラピーの手段を奪われてしまうのです・・・。だれでもハッピーな気持ちになれることを望んでいます。シコンの恵みはその気持ちに応えることができたのであればそれは素敵なこと。その事実を伝えていくことの大切な役目が私にはあるのです。

スポンサーサイト



ホリスティックナーシング講座

昨年の10月から開始した新潟大学と群馬大学との統合医療プロジェクト講座の10講義が終了。
基礎理論や総論、そして看護療法各論や、補完療法の数々を学ぶことができました。

毎回レポートに追われていましたが、講座をとおしてホリスティックという考え方を多面的に学んできました。学びを通じて友人もでき、みんなの一生懸命な姿勢をみながら、いろいろな意見交換ができたことは大きな収穫です。

講義は終わりましたが、8月には群馬大学のキャンパスで二泊三日の集中実技研修があります。
リラクセーション法、気功、動作法、アロマテラピーなどの実技をみっちり学びます。
アロマテラピーのセッションでは私も実習担当でお手伝いさせていただくことになりました。
 
                 moblog_4711d396.jpg

ホリスティックナーシングを学ぶ友はみんな熱心な頑張り屋の人達です。
勤務をしながらの講義はたいへんな思いをしながらの出席です。時間をやりくりしながらの講義でしたが、学んだことを臨床の場で実践したいという強い思いが伝わってきました。講義が終り一区切りがつきましたが、「全ての学びが終った時がホリスティックナーシング実践のスタートです」と友人が話したのが印象に残りました。

                



プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ