FC2ブログ

ふるさと懐石



梅雨の不安定な天気でしたが、友人たちと福島の味覚を楽しんできました。
以前、知人から教えていただき一度訪れてみたいと思っていた「志ぐれ亭」さんに行って来たのです。
予定より一時間も早く到着してしまったので、柳津の圓藏寺「福満虚空蔵菩薩」に立ち寄りました。             

駐車場からすぐの階段を上がっていくと本堂が見えました。

              moblog_02310460.jpg
 
雨にも関わらず多くの方がお参りにきていました。写真は撮らなかったのですが大きな石で作った撫牛がありました。その牛を撫でながら願い事をすると叶うといういわれがあるそうです。反対側の階段から降りて駐車場に戻る道の途中で、このお寺が岩場に建っていることが分かりました。

                      2010年6月27日+002_convert_20100630233624

1200年前にこのお寺を岩場に建立するのにはとても大変な作業だったことでしょうね。お土産に名物の粟(あわ)饅頭を買ってきました。ちょうどできたたてのお饅頭を一つごちそうになりました。

そして、お目当ての「志ぐれ亭」へ。
女将のあたたかいおもてなしの心が伝わる懐石料理を楽しめました。

久しぶりに会えた友人たちと楽しい一日を過ごすことができたことに感謝の一日でした・・・。
スポンサーサイト



66年の歴史にピリオド



新潟のデパートでは老舗的存在だった、大和デパートが66年の営業を終了しました。閉店することを発表してからは、連日閉店セールをしていたので毎日お客様が入っていたのが印象的でした。

私のサロンからは程近いので、買い物に立ち寄ることは多かったのですが、利用するのはデパ地下が主でした。それでも、大和デパートは新潟に住むようになって26年間なじみのデパートでした。26年前に初めて訪れた時は、すでに40年の歴史があったので建物の古さは否めませんでしたが、庶民感覚あふれたデパートだなぁと思ったのを憶えています。

             moblog_5bfce268.jpg

毎年暮れに、お目見えされる「ダンシングうさぎ」です。
ブログにも登場したことがあります。このうさぎは残されるそうです。

                   rinett 繧ェ繝シ繝励Φ 017_convert_20080428184811

この写真はやはりブログで登場した大和デパートの入り口近くの柱に埋め込まれている「デジタル時計」でした。大和デパートの歴史の時間を刻んできた時計で、さすがに老朽化して時間は読み取りにくくなっています。この時計だけはこのまま時を告げつづけるのでしょう。

古町からまたお店の灯りが一つ消えてしまいました。寂しいですね・・・。

アロマセラピスト相原由花さん

               moblog_390a5691.jpg


先回のホリスティックナーシング講座は相原由花講師の講義でした。
待ちに待った相原先生の話しでしたので楽しみにしていました。
相原先生はとてもチャーミングですがアロマテラピーを熱く分かりやすく語ります。

今年3月に、看護大学を卒業され大学院に進まれました。「まだまだ学ぶことがあります」と
にこにこお話されました。相原先生とは去年10月に東京で初めて講演会をされた時にほんの少しお話をさせて頂いていましたが、わたしの事を憶えていてくださいました。

言葉の一つ一つに、看護とアロマの融合を極める姿にはとても感動しました。
後へ続けと、その志に共感し学びの場を求めて、相原先生の学校で学ぶ生徒さんは幸せだと思いました。
ホリスティックアロマテラピーを実践されるセラピストとして尊敬する相原先生にお会いできてパワーを
頂き、これからの方向性に自信を持つことができました。

自分を信じて頑張ります。

                   

闘いの後

癌で二年半の闘病生活を送っていた叔母と別れがありました。
亡くなる一週間前に顔を見に行きましたが、息も苦しく身の置き所がないくらいつらい様子で、
絶え間なく身体の位置を動かしていました。
私は見ているのも辛く早く麻薬を使用して楽にしてあげてほしいという思いに駆られました。

亡くなる前日にやっとモルヒネを使用し、その晩は本当に落ち着いた表情で一晩過ごせたそうです。
そして翌日、叔母は安らかにその人生の幕を閉じました。

その話を聞いたとき、私は叔母の主治医に対して憤りを感じました。
もっと早くに薬を使用していたならば、苦痛にゆがむ叔母の顔を見ることはなかったし、
家族とも上手にお別れができたかもしれないのにと、過ぎた事に対して批判する気持ちを抱いてしまいました。

しかし、葬儀に参列し叔母の安らかな寝顔を見たときに心から「おつかれさまでした」という言葉をかけることができました。

叔母の2年半に渡る、闘病生活が思い出されました。不安な気持ちで受けた手術、副作用に悩まされた化学療法、同じ病で闘う友を亡くした時の哀しみ・・・叔母はどんな状況の時も人を思いやることの出来きる素敵な女性でした。私がどれだけ寄り添えたかは分からなくても、叔母はきっとみんなに「ありがとう」と言ってくれているにちがいないと戦い終えて思いました。      合掌
プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ