FC2ブログ

抜糸しました

歯科の手術で5針縫っていたのですが、今日その糸がとれました。
痛みと腫れは、まだ少し残っていますが食事や歯磨きは問題なくできるようになりました。時々、ティートゥリーウォーターでうがいをして感染予防に努めています。

痛みや腫れで食事や歯磨きに不自由さを感じてみて、あたりまえのことが普通にできることの幸せを痛感しています。痛みがあっても仕事に穴をあけることはできません。何かに気を紛らわせていないと余計に痛むような気がします。鎮痛剤を内服しての仕事になっていましたが、もう大丈夫です。

11月も明日で終ります。師走はまさにあっという間に過ぎてしまいます。
テンプレートをクリスマスバージョンに変えみました。体調を管理して、来週はインフルエンザの予防接種を受ける予定です。

ところで友人にメールで口の中を5針縫った事を伝えたら、返ってきたメールは・・・「えっ!なに?なんで?酔っ払って転んだの!?」 彼女らしく、私の体を心配してくれました。ありがと。
スポンサーサイト



歯医者さんの香り

下顎の骨が、盛り上がってきていて、時々トラブルを起こしていました。
先週の土曜日に、その盛り上がった骨を削る手術を受けました。

もちろん、麻酔が効いていますから手術中痛みはありません。
金槌みたいので、コンコンと叩いたり、やすりで骨をゴリゴリしたのがわかりました。
覚悟はしていましたが、麻酔が切れてきたら痛いのです。(当然ですよね)

翌朝、右の顎が飴玉をほおばっているかのように、腫れました。
痛みは、鎮痛剤で押さえる事はできますが、腫れはしばらく引かないかもしれませんね。
冷却シートを貼って対処しています。


ところで、歯科特有の香りに気がついていますか?
クローブの香りを感じます。日本名で丁子(ちょうじ)と呼ばれています。
ティートリーやユーカリと同じフトモモ科の植物で、精油は蕾から採ります。
精油成分には強い殺菌作用や鎮痛・麻酔作用があるため、医薬品に応用されていて、うがい薬や歯痛の塗り薬(コンジスイ)に使われます。

お世話になっている歯科の先生は小児歯科の専門ですが、開業されてからは大人の方の治療もされていらっしゃいます。技術も人間性も尊敬できるとても素敵な先生です。
三越デパートのとなりの「こうの歯科」の院長河野美砂子先生です。
先生!いつもありがとうございます。

鹿児島の旅 その3

少しだけのつもりが、その3になってしまいました。

知覧から指宿に到着。
宿泊先は指宿「白水館」、幹事お勧めのお宿です。
早速、みんなで砂風呂(砂むし温泉)に入ることにしました。

砂風呂はもちろん初めての経験です。
専用の浴衣に着替えて、砂の上に横になりました。
係りの人が来て、シャベルで砂を身体の上にかけ始めたのです。
足元から砂をかけてくれたのですが、胸の上にかけられた時にすごい圧迫感に驚きました。

その時、私の口から出た言葉が・・・「小盛りでお願いします」
係りの人に笑われてしまいました。

砂風呂からあがり、支度をして同窓会場へ。
・・・久しぶりに会う同級生や、変わらぬ恩師たちとの思い出話。
指宿の夜はゆっくり深けていったのです。

   
               鹿児島朝日

翌朝、錦江湾(鹿児島湾)に光の帯を落として朝日が昇り始めました。 
3日目最後の日も、鹿児島は快晴でした。

東京駅で再会を約束して友人たちは、それぞれ家路に向かいました。私も、新幹線に乗り込み、一息着いたところで友人からのメールが・・・。久しぶりの再会の喜び、又楽しい思い出を作れたことへの感謝、そして私へのいたわりの言葉も綴られていました。友人の顔を思い浮かべながら、温かい気持ちになる事ができ、私こそ感謝の気持ちでいっぱい。・・・心地よい疲労感で、いつの間にか新幹線のシートにもたれかかり寝てしまいました。

夜遅く到着した新潟は、冬の始まりを告げているような冷たい雨が降っていて、友人たちとの鹿児島の旅は、静かに終わりました。

鹿児島の旅 その2

   
   知覧の武家屋敷庭園にて

旅の二日目は知覧(ちらん)に寄ってから、指宿(いぶすき)入りをしました。知覧では、薩摩の小京都と言われている武家屋敷庭園と、知覧特攻平和会館を観てきました。

武家屋敷にある、7つの庭園は昭和56年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定。保存会によって大切に護られ、静かに歴史の息吹を今に伝えています。
知覧の港は江戸時代に琉球貿易の拠点であったことから、武家屋敷も琉球の影響を受けているそうです。たしかに、沖縄の民家によく似た造りのお屋敷もありました。知覧はお茶の産地なので、「知覧茶」が振舞われていて、渇いたのどを潤してくれました。
 
   写真は唯一の池泉式の庭園(森重堅氏庭園)での写真です。向か   って右側には、洞窟を表現する石が積まれ池に水が流れているのがわかるでしょうか?他の6 つの庭園は枯山水式です。

また、知覧は太平洋戦争の末期、陸軍の特攻基地がおかれた町です。
ホタル」という題名で映画化されたことでも有名です。知覧特攻平和会館は多くの見学者で混雑していました。辛い史実を目の当たりにして、手を合わせて恒久平和を願う気持ちに素直になります。


鹿児島の旅 その1

       お休みを、ありがとうございました。
       おかげで同総会にも出席でき、久しぶりに会う友人たちと
       楽しい時間を過ごすことができました。
      


kagosima  空港
私は旅行記は得意ではないのですが、少しだけ鹿児島での事を紹介します。

この写真は、鹿児島空港です。先週の14日金曜日お昼に、到着しました。新潟から東京へ行き、羽田から鹿児島空港というルートで動きました。

その日の薩摩の空は青く澄み渡っていました。
空港の真っ白な外壁が紺碧の空に映え、やしの木が連立していてまさに南国。
鹿児島空港から鹿児島中央(街の中心)まではリムジンバスで50分かかります。

                鹿児島中央へ到着すると桜島は目の前です。
                桜島   

                ここから見る桜島は雄大で美しいと思いました。
                写真より実際の桜島ほうがもっと迫力があります。
         
                鹿児島
                桜島をバックに友人との記念撮影
                この5人で行動しました。

看護学校の3年間は寮生活をしましたので、友人達とは勉学だけでなく生活をともにし、姉妹のように毎日を過ごしていました。みんなの顔を見れた時、頑張って鹿児島に来て良かったと心から思いました。

でも、女性が3人寄れば「かしましい」といいますが・・・5人です。想像がつきますよね。その夜、思い出話に花が咲き涙が出るほど笑うことができて、久しぶりに心地良い感覚の時間を過ごす事ができました。

3日間のお休み

花屋


明日から、日曜日まで友人と旅をしてきます。
九州、鹿児島です。

     看護学校の同総会が開催されるので
     思い切って参加することにしました。
     久しぶりに会う友人もいます。
     九州に住む恩師も参加してくれるようです。

・・・申し訳ありませんが、3日間のお休みを頂きます。

ビル街の夕焼け

20081111191324


・リ・ネットのサロンは新潟の西堀通り5番町にあります。
ビルやマンションが連立するところですが、3階のサロンのベランダからは遠くの空までよく見えます。
時々、空の青さや雲の流れる様子を眺めています。

午後5時、サロンのカーテン越しに綺麗な夕日をみつけ、思わず写メに撮ってしまいました。
久しぶりに見る夕日でしたが、その美しさに心が洗われました。

今日は、眼科の精密検査を受けてきました。幸いにも異常はありませんでしたが、
先生の「心配ないですよ」の一言に救われた思いがしました。
そして、夕焼けという自然の偉大な美しさに触れることができて、全ての事に素直に感謝・・・。

初めてのアロマトリートメント

お誕生日の月に、「自分へのご褒美にアロマトリートメント」を受けたいといらしてくださったYさん。
アロマトリートメントは今まで一度も経験がないそうです。子育ても落ち着いて、親の介護に忙しい毎日を送られていらっしゃいますが、とても前向きな考えのできる方です。アロマテラピーはイメージの世界だけで今までご縁がありませんでした。私との出会いで、安心してアロマトリートメントを受けたいと思ったそうです。とても嬉しい言葉でした。

多くの方が、興味があっても足をふみ入れるのに不安なのが、アロマサロンのようです。どんなことをされるの?値段はすごく高いのかしら?・・・わかります、よーくわかります。私だって、少し前までは同じ立場でアロマサロンを見ていました。
アロマの勉強を始めて、そしてセラピストになりアロマトリートメントの素晴らしさの数々に触れるたびに確信をもってアロマテラピーを仕事にしました。でも、前記のようにアロマに対して、まだまだ理解されていないところが多いのです。

町には、いろいろなカラーの癒しのサロンがあります。私のようなとても小さなサロンから、大手会社のサロンとさまざまです。
リネットのようなプライベートサロンの良さは、静かな落ち着いた雰囲気で自分一人だけのために施術を受けて頂く事ができるという事です。本物のアロマテラピーに触れることは、質の良いリラクゼーションを得るとともに、自分の心や身体が今までどんな状況に置かれていたのか、理解できるのです。施術後、お客様の笑顔を見れた時、セラピストとして喜びを感じます。

初めてトリートメントを受けにいらした方でも、自然体で施術が受けれるような空間造り、そして価格でも、お客様が納得していただけるような努力を続けれるようにがんばります。

ひとあし早いクリスマス

20081107215429


昨日のニュースで、(朱鷺メッセ)ホテル日航の展望階にクリスマスツリーの
飾りつけをしたことを放送していました。
私もサロンのウエルカムボードをクリスマスバージョンにしてみました。

今年もあと2ヶ月かぁ・・・とこの時期、毎年恒例のように思います。
これから、デパートはクリスマス商戦に賑わうことでしょうが、
毎年クリスマスプレゼントに、心悩ませる方もきっと多いはず。
そんな時、香りのプレゼントはいかがですか?

プレゼントをお渡しした時に喜ぶ顔を思い浮かべて選ぶ香り・・・。
オリジナルの香りをブレンドしてもきっと喜ばれるはず。
自分へのプレゼントにするのもいいでしょう。
リネットにお手伝いさせてくださいね。

私も、今年は大切な方へのクリスマスプレゼントは香りをお届けします。

飛蚊症(ひぶんしょう)

3.4日前から、左目に違和感を覚えていました。
昨晩、入浴中にバスルームの壁が白なのでよくわかったのですが、左眼に糸くず状の浮遊物が飛んでいるのです。視線を動かすと一緒に移動してきます。暗い所では気がつきませんでした。この症状を飛蚊症と言います。
生理的な原因によるものと病的な原因によるものがあるので、一応眼科受診をしてきました。
病的な原因では網膜剥離(もうまくはくり)や網膜裂孔(もうまくれっこう)などがありますが、放っておくと失明にいたることもある病気です。

瞳を開いて眼の奥の検査をしたところ、眼底で出血を起こしたので、その血液が硝子体(しょうしたい)に入り飛蚊症を起こしたのです。緊急性はないことが分かったので安心しました。
止血剤をいただき、次回視野検査を予約して帰ってきました。

このところ体調を崩す事が続いているので、少し気落ちしてしまいました。体力には自信があったのですが、今晩は早く休むことにします。健康の大切さを一番理解していたはずなのに・・・今日は深く反省しました。

創業塾

創業

先週の土曜日に、商工会連合会主催の女性のための創業塾で「私の創業物語」というテーマで経験談を話してきました。資料準備に結構時間がかかったり、2週間前に体調を崩したりしたので無事終了して一安心しています。

一年前に自分がここで、同じように創業計画を立てたりしたのが昨日のことのように思い出されました。久しぶりに講師陣の先生とお会いしましたが、「仕事はどんなだぁ?節税対策は必要ないかぁ?」なんて微妙な応援をいただきました。

でも、人前で話をするのは、アロマインストラクターの2次試験ぶりの緊張でした。塾生たちは私の話を真剣な眼差しで聴いてくれました。こういう緊張感もたまにはいいのかもしれません。
「少子高齢化の時代を救うのは女性の力」だとある講師が話していました。女性の柔軟なアイデアや考え方、そして意外な行動力や丁寧な対応はいつの時代でも必要なことなのですね。

プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ