FC2ブログ

紅葉を愛でる旅

今年の春から計画していた、京都の紅葉を愛でる旅に行ってきました。
いつも慌しく流れる時間の中で生活していると、少しだけ違うところに行きたくなるのは
私だけ?京都をこよなく愛する歴女の友人と上洛しました。


2009年12月2日3日 京都6 大原三千院 御殿門

              2009年12月2日3日 京都4 聚碧園(しゅうへきえん)

紅葉は、だまだ充分に楽しめました。
往生極楽院の阿弥陀三像は訪れる全ての人に慈悲に満ちたお姿で迎えてくれます。
 ♫京都 大原 三千院 恋に疲れた女がひとり~の歌詞を思い浮かべるのは私だけ?


2009年12月2日3日 京都5 宇治平等院

秋雨の中の宇治平等院は重厚で荘厳な佇まいです。
1052年に開創され長い長い時の歴史を経ています。極楽浄土の宮殿をモデルにした
鳳凰堂は息をのむほどの美しさです。屋根の鳳凰が今にも飛び立ちそうな印象でした。
あとで十円硬貨をしみじみながめたのは私だけ?

              2009年12月2日3日 京都3宇治・興聖寺への参道
                            2009年12月2日3日 京都2

美しい紅葉を愛でて何を感じたかったのでしょうか?
紅葉のメカニズムは解っていても、なぜ紅葉するのかは不明だそうです。
でも、自然のなかで起こることにはきっと何か意味があるはず。

私にとっては、燃えるような葉の色の美しさを感じる心を忘れず、木々の間を抜ける風に癒されることが大切。
今年一年頑張った自分を褒めてあげることができたのは私だけ?
・・・いえいえ友人もきっと同じ気持ちだったことでしょう。
おつかれさま、そしてありがとう。
                                       

冬妻(ひよつま)ホタル

20090618230757


岩室温泉の「冬妻ホタル」を見てきました。
ホタルの飛び舞う沢は「岩室祓川」ダムの周辺に冬妻の清水があり、沢沿い上流に聖人清水があるので、その綺麗な清水でホタルが育っているのだそうです。地元の岩室温泉ホタルの会の人たちはここに飛翔するホタルを「冬妻のホタル」と呼んでいます。


ホタルを最後に見たのは、いつだったか憶えていないくらい前です。その日はあいにく気温が低かったので、見れるか心配でした。
                 
                 20090618230445.jpg

沢に向かう林道には手作りの灯りが導いてくれました。沢に到着するといっさいの灯りはありません。漆黒の山中の暗さに目が慣れるのに数分、でもホタルの光をすぐに捉える事ができました。光はホタルのラブコール。ホタルの光の近くでラブコールに応えて、別のホタルが光だします。
まだ、ホタルの数は多くありませんが地域の保存会の方に守られて増えてゆくことでしょう。少しですが「ホタル募金」に協力してきました。

乱舞とはいきませんでしたが、幻想的な光に心癒される時間を過ごせました。7月上旬までがホタルの時期だそうです。期間中にもう一度見にきたいと思います。今度は乱舞が見れることを期待して・・・。

田植え終了

20090510224409


ゴールデンウィークが終わると田には水がはられ、稲が植えられています。
米どころ新潟、毎年見慣れた光景です。農家の方々はゴールデンウィークには遊びに行くことができません。一家総出で協力するとてもとても大切な仕事です。食事のお世話にかりだされると話していた友人がいました。そうです、猫の手も借りたい農繁期に農家の主婦にとっては食事準備をしてくれる人がいることは、とても喜ばしいことです。

ちょっとわかりにくい写真ですが、仕事に行く途中に撮影しました。今は機械化が進み一日で田植えが終わってしまうところもあります。
でも、田植えが終わったからと言っても安心できません。これから収穫の日を迎えるまで稲の生育状態を日々心配しながら手間をかけて育ててゆくわけですから、農家の方々の御苦労に感謝してごはんを食べなくてはいけません。

そろっと「田植の疲れを癒して・・・」と言ってくる○○さんからご連絡が入るかもしれませんね。お待ちしていますよ。

桜と菜の花

         

湊小学校の桜です。校庭を囲むように桜の木が連立しています。
入学式の時は、ほころびそうな蕾でしたが、あっと言う間の開花です。

桜を観て思うことは、桜の木は群生していても、又はどんなに小さな木であっても存在感があるという事です。子供の頃から春は桜の花を観てきました。桜の開花で春時間の始まりを感じる生活を繰り返して来たのです。
桜の木の寿命はどれくらいか調べてみました。

桜にはたくさんの種類があり,寿命が異なりますが
中では枝垂れ桜が比較的長寿命で,樹齢5~600年を越えるものも少なくありません。有名な三春の滝桜(福島県)は樹齢1000年を越えるそうです。
もっとも馴染みのあるソメイヨシノは60年程度といわれています。 Yahoo智恵袋


私にはもう一つ、春を感じる花があります。
それは「菜の花」です。私の子供の頃は道端や広場に菜の花がたくさん咲いていました。
モンシロチョウが花の周りを飛んでいる光景は脳裏に焼きついています。
菜の花の黄色が好きです。菜の花のはちみつ系の香りが好きです。

小学校の授業の時に季語に「春」をつかった俳句を作りました。
詠んだ句を先生に褒められたので、今でも憶えています。

「菜の花が つくりだすかな 春の道」
          20090416214743.jpg    20090416224357.jpg
新潟にも「春の道」を見つけました。

桜も菜の花も、春になると誇らしげに花を咲かせてくれる。
そんなあたりまえな事が、いつまでも続いてほしいと思います。

今日の京都・その2

             

京都だよりが届きました。
昨日に引き続き、ブログ用に友人が送ってくれました。今日は大きく載せてよく見ましょ。

 友人 : 「雨の祇園白川、垂れ桜と鷺のいる風景」 ど~でしょう。
       午後3時すぎから雨になりました

  私 : 楽しんでいますか?新潟は朝から雨がしとしと降っていますが暖かいですよ。

リアルタイムに話ができて、私も京都にいるような気分になりました。
京都はもう桜が咲いているんだ・・・。手を伸ばせば、触れるような臨場感。
メールってすごい!よね。
プロフィール

renett

Author:renett
・リ・ネットブログへようこそ!
アロマセラピストナースの大山朋子です。

・Re・nett(リネット)はホリスティックアロマテラピーのサロンです。医療経験のあるアロマセラピストナースが辛い体調やお悩みのご相談をうけながらアロマオイルマッサージをご提供させていただきます。病気療養中の方々も安心してご相談ください。リラックスして免疫力・自然治癒力を高めるお手伝いをさせてください。

笑顔と感謝を忘れないで、ゆっくり頑張っています。

蝶が舞うリースの時計
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
このページのトップへ